飛翔 新時代 感謝と覚悟を胸に

「総務運営委員会」

委員会メンバー

  • 委員長
    月館 元宏
  • 副委員長
    板谷 至康
  • 委員会幹事
    小林 陽平
  • 委員
    鎌鹿 玄介
  • 委員
    佐藤 雄亮
  • 委員
    澤口 慎太郎
  • 委員
    高垣 督
  • 委員
    橘 実里
  • 委員
    馬場 敬太
  • 委員
    湯田 真実

基本方針

函館青年会議所は地域のために明るい豊かな社会を作り上げる理念のもとに活動し、基盤となる組織運営を行ってきた総務は、LOMの下支えとして規律に則った職務を遂行してきました。今年度も諸先輩方が築いてきたLOMの中枢としての担いを全うするとともに、各委員会活動やメンバーの成長を推進できる環境を整える必要があります。

まずは、青年会議所活動における運営基盤を強固にするために、総会参加の重要性を周知し、多くの会員の参加推進を図り活動方針を共有することで、メンバーの意思統一につなげます。そして、LOMの意思決定機関の一つである理事会をより有意義なものとするために、議案全文の校閲を行った正確な資料を配信するとともに、会議に集中できる設営を行うことで、地域発展の礎となる活発的な議論の場を提供します。さらに、各委員会による事業や例会の目的達成の一助となるために、卒のない会場設営および規律ある円滑なセレモニー運営を行うことで、委員会メンバーが尽力できる環境を整えます。また、各委員会が限られた時間の中で効率よく事業や例会を構築するために、時代に即した事務局の活用方法や在り方を模索することで、委員会活動を実施する上での時間短縮を図るとともに、質の高い事業を展開する一助を担います。そして、メンバーが今後も青年会議所活動に邁進するために、一年間の活動を家族や仲間とともに振り返り、苦労や功績を称えることで、家族からの青年会議所活動への理解を深めるとともに、次年度に向けて活動意欲を高める契機とします。

歴史ある函館青年会議所の中枢として、与えられた役割を適切に全うしていく中で、メンバーが成長を遂げ、個々の力が存分に発揮できる環境を整えた私たちは、70年間積み上げてきた青年会議所活動がさらに向上し、地域住民から必要とされる組織となります。

事業計画

  1. 総会の実施(新年定時総会、7月臨時総会、9月定時総会)
  2. 理事会の運営
  3. 各例会セレモニーの運営
  4. 会員手帳の作成
  5. 11月例会の企画・運営
  6. 新入会員の拡大
  7. 各委員会及び出向者への協力